[J TRAVEL 리포트] 케이세이 바라엔 (京成バラ園) 장미 축제 탐방 @ 지바현 아치요시 (千葉県八千代市)

기사승인 2019.05.12  13:55:56

공유

[도쿄 리포터=토시키 아오야마] 도쿄 근교에 위치한 지바현 야치요시의 케이세이 장미원에서 5월 10일부터 장미 축제 2019가 시작되었다.

원내에는 천 6백 품종, 총 1만 그루가 심어지면서 일본 내 최대급의 장미원으로 알려져 있다.

올해는 신품종 '연애 반짝'을 중심으로 '맛있는 사랑'을 주제로 행사를 개최하고 있다.

케이세이 전철 그룹 회사가 운영하는 본 장미원은 넓이 5만㎡로, 로즈 가든은 약 3만 평방 미터.

원내는 형형색색의 꽃으로 물들며 향을 피워내어 보는 이들의 눈과 코를 즐겁게 한다. 특히 덩굴장미는 여기저기서 만개를 맞고 있었다.

일제히 피는 봄 장미의 개화 정보에 대해 스탭에게 질문하자 "금년은 평년과 비슷하며, 개화도 평년과 같습니다. 장미의 절정은 5월 하순경 부터입니다."라고 대답.

장미 축제 2019는 5월 10일(金)부터 6월 16일(⽇)까지 개최된다.

장미 축제 2019의 개요는 다음과 같다.

『 맛있고 그리운 로즈 가든 장미 축제 2019』 개최 개요

일정:2019년 5월 10일(금)~6월 16일(일)

9:00~18:00 (입장은 17:30까지)

(악천후 등에 의한 임시 휴업 또는 이벤트등에 의한 대절 있음)

장소: 케이세이 장미원 (지바현 야치요시 오와다 신덴 755)

내용: 세계 1,600 품종 1만송이의 장미가 피는 가든

페스티발 기간 한정 키친 카 & 스위츠

500장 한정 "사랑 매듭 에마" 판매 등

[Photo(C)Toshiki Aoyama]

東京近郊にある千葉県八千代市の京成バラ園で、5月10日ローズフェスティバル2019が開幕した。

園内には千六百品種、計一万株が植えられており、国内最大級のバラ園として知られる。

今年は新品種「恋きらら」をメインに、「おいしい恋しい」をテーマにイベントを開催している。

京成電鉄グループの会社が運営するバラ園は、広さ五万平方メートルで、ローズガーデンは約三万平方メートル。園内は色とりどりの花で彩られ、香りでも来場者を楽しませている。つるバラはあちらこちらで満開を迎えている。

一斉に咲く春バラの開花情報についてスタッフに聞くと「今年は平年通リで、開花も平年並み。バラの見ごろは5月下旬頃では。」とのこと。

ローズフェスティバル2019は、5⽉10⽇(金)から 6⽉16⽇(日)まで開催される。

ローズフェスティバル2019の概要は以下の通リ。

『おいしい恋しいローズガーデン ローズフェスティバル2019』開催概要

日程:2019年5月10日(金)~6月16日(日)

9:00~18:00(入場は17:30まで)

(天候等による臨時休業、又、イベント等による貸切あり)

場所:京成バラ園(千葉県八千代市大和田新田755)

内容:世界中の1,600品種1万本のバラが咲き誇るガーデン

フェスティバル期間限定キッチンカー&スイーツ

500枚限定「恋結び絵馬」の販売 など

ToshikiAoyama 기자 (해외) toshikiaoyama@gmail.com

<저작권자 © 라이브엔 무단전재 및 재배포금지>
default_news_ad4
default_setNet2
default_bottom
#top