[J 칼럼] 日 기자가 바라보는 K-Pop의 미국 시장 진출

기사승인 2019.05.16  10:26:33

공유

** 토시키 아오야마 기자는 지난 15년간 한국과 일본을 오가면서, 2PM, 카라, 소녀시대 시절부터 최근 BTS, 트와이스, 아이즈원에 이르기까지 케이팝 아티스트들을 취재하고 있다.

[토시키 아오야마] 아시아를 대표하는 몬스터 그룹 BTS의 새 앨범 "MAP OF THE SOUL:PERSONA"의 판매 매수가 전인미답의 322만장을 돌파하며 로스앤젤레스를 시작으로 세계 8개 도시를 도는 스타디움 투어가 시작됐다.

어메리카 빌보드 메인 앨범 차트에서 4주 연속 "TOP10"을 차지했고, KPOP 새 시대의 개막을 알렸다.

미국에서 BTS를 바짝 뒤쫓고 있는 것은 BLACKPINK. 4월부터 본격적으로 미국 진출을 하여, 신곡 "Kill This Love"의 Music Video는 불과 1주일 만에 무려 3억뷰를 돌파했다.

KPOP 그룹은 지금까지 일본에서 스타디움 투어를 하는 것을 최종 목표로 해왔다. 일본 팬들의 구미에 맞는 친근한 콘셉트로 승부를 걸어왔지만 이제는 최종 목표가 바뀌고 있다.

그 상징이 BLACKPINK의 신곡 "Kill This Love". 슈퍼스타 욕망이 강한 스트롱 스타일의 여성이 좋아하는 미국 팬을 위해 만들어진 MV라고 해도 좋을 것이다. 용장한 여전사가 현대로 돌아온 영화 '원더우먼'이나 슈퍼맨 사촌으로 설정된 미드 '슈퍼걸'의 세계를 연상시킨다.

TWICE는 도쿄 나고야 오사카에서 열린 돔 투어의 티켓을 1분 만에 매진시켰다. 한국 음악 프로그램에서 1위를 차지한 횟수는 통산 무려 90회. 일본과 한국을 완전히 장악한 아시아 No1 걸그룹이다.

지난 4월 22일에 7th 미니 앨범 "FANCY YOU"를 발매하면서 지금까지의 친숙한 콘셉트를 완전히 바꾸고, 미국인이 좋아하는 듯한 성숙한 섹시 스타일로 승부를 걸었다. 그리고 5월부터 미국 투어가 시작된다. 분명히 미국 진출을 의식한 것이다.

오오고쇼 K-POP 그룹의 최종목표가 미국으로 바뀌면서 콘셉트 자체도 미국형이 되고 있다. 지금은 마침 과도기로, 새로운 미국 진출이 진행되면, 오오고쇼 K-POP 그룹은, "미국형 K-POP 그룹"으로 진화하는 것이 아닌가.

TWICE나 IZ*ONE은 일본인 멤버가 각각 3명씩 소속되어 있지만 "미국형 K-POP 그룹"은 장기적으로는 미국인 멤버의 가입이 예상된다. 전문가들 이야기로는 2~3년 전부터 미국인 연습생이 한국 내에서도 늘어나고 있는 모양새이다.

"미국형 K-POP 그룹"이 탄생하는 과정에서는 많은 문제가 발생할 것으로 예상된다. EXO나 우주 소녀는 중국인 멤버의 갑작스런 그룹 탈퇴와 활동 불참에 시달려 왔다. 앞으로도 멤버들의 독립, 탈퇴, 활동 불참 등의 어려움에 시달릴 듯하지만 미국 도전은 값진 재산이 될 것이다.

과연 아메리칸 스타일의 케이팝은 성공할까. 메인스트림이 될 수 있을까. 앞으로의 K-POP의 진화 과정에 주목하고 싶다.

アジアを代表するモンスターグループBTS新アルバム「MAP OF THE SOUL : PERSONA」の販売枚数が前人未踏の322万枚を突破し、

ロサンゼルスを皮切りに世界8都市を回るスタジアムツアーがスタートした。

アメリカ・ビルボードのメインアルバムチャートで4週連続「TOP10」にランクインし、KPOP新時代の幕開けを告げた。

アメリカでBTSの後をピッタリと追っているのが、BLACKPINK。

4月から本格的にアメリカ進出を果たし、新曲「Kill This Love」のMusic Videoはわずか1ヵ月足らずで、なんと3億ビューを突破した。

KPOPグループはこれまで日本でスタジアムツアーをすることを最終目標としてきた。日本のファンの趣向に合った親しみやすいコンセプトで勝負を仕掛けてきたが、最終目標が変わりつつある。

その象徴が、BLACKPINKの新曲「Kill This Love」。力強くかっこいい女性像を理想とするミュージックビデオになっている。スーパースター願望が強く、ストロング・スタイルの女性が好きな米国ファンのために作られたMVと言っていいだろう。勇壮な女戦士が現代に舞い戻った映画「ワンダーウーマン」や、スーパーマンのいとこが設定の映画「スーパーガール」の世界を連想させる。

TWICEは、東京、名古屋、大阪で行われたドーム・ツアーのチケットを1分で完売させた。韓国音楽番組で1位を獲得した回数は通算なんと90回。日本と韓国を完全に掌握したアジアNo1ガールズグループである。4月22日に7thミニアルバム「FANCY YOU」を発売。今までの親しみやすいコンセプトをがらっと変え、アメリカ人が好きそうな大人の色気とスタイルで勝負を仕掛けて来た。5月からの米国ツアーがスタートする。明らかにアメリカ進出を意識してのものだろう。

大御所K―POPグループの最終目標が、アメリカへ変わったことにより、コンセプト自体も米国型になってきている。今はちょうど過渡期で、さらなる米国進出が進むと、大御所K―POPグループは、「アメリカ型KPOPグループ」に進化するのではないか。

TWICEやIZ*ONEは日本人メンバーがそれぞれ3人いるが、「アメリカ型KPOPグループ」は将来的には米国人の加入が予想される。有識者から話を聞くと、2~3年前から米国人の練習生が韓国内でも増えているようだ。

「アメリカ型KPOPグループ」が誕生する過程では、多くの問題が発生することが予想される。EXOや宇宙少女は中国人メンバーの突然のグループ脱退や活動不参加に悩まされてきた。これからもメンバーの独立・脱退や活動不参加などのトラブルに悩まされそうだが、アメリカ挑戦は価値ある財産になるだろう。

果たして、アメリカ型KPOPは成功するのか。メインストリームになりうるのか。今後のK-POPの進化の過程に注目したい。

ToshikiAoyama 기자 (해외) toshikiaoyama@gmail.com

<저작권자 © 라이브엔 무단전재 및 재배포금지>
default_news_ad4
default_side_ad1
default_side_ad2
default_side_ad3
default_setNet2
default_bottom
#top