[J 영상 리포트] 공원소녀 (公園少女) 라이브 @ "한일 교류축제 2019 (日韓交流おまつり)"

기사승인 2019.09.30  12:41:50

공유

[도쿄 리포터=토시키 아오야마] 문화 교류를 통하여 한일 우호를 도모하는 이벤트 "한일 교류 축제"가 28일 도쿄 히비야 공원에서 시작됐다. 주최측에 따르면 관람자는 과거 최다였던 지난해와 비슷한 약 8만 2천명.

2일째인 9월 29일의 마지막을 장식하는 K-POP 콘서트에서 톱 타자를 장식한 것은 7인조 걸그룹 GWSN (공원소녀).

공원소녀의 컨셉에 대해 사회자가 질문하자 "꿈과 희망을 전하는 걸그룹"이라고 대답했다.

다국적 걸그룹으로서 유일한 일본인 멤버로 활동하는 MIYA에게는 개선 귀국 공연이 되었으며, 과거 K-POP 커버 댄스 스테이지를 통해서 한일 교류축제의 무대에 선 경험이 있었던 것을 밝혔다.

한국에서의 생활에 대해서 사회자가 묻자 "언어도 그렇지만, 일본과 한국의 문화 차이가 있습니다. 하지만 매일매일이 신선하고 즐겁습니다."라고 웃는 얼굴로 대답했다.

공원소녀는 "Puzzle Moon"등 모두 5곡의 무대를 선보이며 유려하고 선이 좋은 아름다운 퍼포먼스로 한일 문화 교류에 분위기를 더했다.

마지막 인사에서 미야는 "오늘 끝까지 응원해 줘서 고마워요. 우리는 일본과 한국의 문화의 좋은 점을 넓혀갈 수 있는 아티스트가 되도록 노력하겠습니다."라면서 한일 교류 이벤트다운 코멘트로 끝을 맺었다.

[Photo(C)SiN] [Video by Toshiki Aoyama]

文化交流を通じて日韓の友好を図るイベント「日韓交流おまつり」が28日、東京・日比谷公園で始まった。主催者によると、来場者は過去最多だった昨年と同様の約8万2千人を見込んでいる。

2日目の9月29日の最後を飾るK-POPシークレットコンサートでトップバッターを飾ったのは7人組ガールズグループGWSN(公園少女)。

公園少女のコンセプトについて司会者から質問されると「夢と希望を伝えるガールズグループ」と答えた。

多国籍ガールズグループの中で、唯一の日本人メンバーとして活動するMIYAにとっては凱旋帰国公演となったが、K-POPカバーダンスステージで日韓交流おまつりの舞台に立った経験があることを明かした。

韓国での生活について司会者から聞かれると「言葉もそうですが、日本と韓国の文化の違いもあるが、毎日が新鮮で楽しいです。」と笑顔で答えた。

公園少女は、「Puzzle Moon」「Bloom」「Pinky Star」など全部で5曲を披露し、流麗でキレがよい美しいパフォーマンスで、日韓の文化交流に華を添えた。

最後の挨拶で、ミヤは、「今日は最後まで応援してくれてありがとうございます。私たちは、日本と韓国の文化の良いところを広げていくことができるアーティストになれるようがんばりたいと思います」と日韓交流イベントらしいコメントで結んだ。

ToshikiAoyama 기자 (해외) toshikiaoyama@gmail.com

<저작권자 © 라이브엔 무단전재 및 재배포금지>
default_news_ad4
default_side_ad1
default_side_ad2
default_side_ad3
default_setNet2
default_bottom
#top