[J Classics] 정명훈 (鄭明勳) 지휘 '도쿄 필 (TPO)' 오페라 '카르멘' 연주회 형식 공연 예고

기사승인 2020.02.06  11:00:47

공유

[도쿄 리포터=토시키 아오야마] 도쿄 필 하모니 교향악단이 2월 세계적 지휘자 정명훈 씨를 맞아 프랑스의 작곡가 비제가 낳은 걸작 오페라 『 카르멘 』을 연주회 형식으로 3회 공연 상연한다.

예전부터 오페라 연주 실적이 많았던 도쿄 필은 그간 연주 활동의 핵심 중 하나로 오페라를 연주회 형식으로 상연함으로써 높은 실적을 쌓아왔다. 이번에 2001년 이후 협연을 거듭하고 있는 세계적인 마에스트로 정명훈 씨 아래 세계에서 가장 유명한 오페라의 하나인 『 카르멘 』을 연주회 형식으로 상연한다.

정명훈 씨는 2001년부터 도쿄 필의 스페셜 아티스틱 아도우아이자에 취임, 2016년 9월부터는 명예 음악 감독에 취임하면서 베토벤이나 말러를 비롯한 교향곡 작품과 오페라 작품에서는 푸치니 『 나비 부인 』, 베토벤 『 피델리오 』 등을 연주회 형식으로 선보이면서 열광적인 갈채를 받아 왔다.

2020년 2월에는 그가 밀라노 스칼라 극장이나 빈 국립 가극장, 피렌체 가극장, 베니스, 헤니체 가극장, 파리 오페라 바스티유 등 세계의 유명한 극장에서 펼치는 오페라 레퍼토리에서 일본에서 가장 사랑 받는 작품의 하나, 비제의 가극 『 카르멘 』를 다룬다.

정명훈씨는 다음과 같이 이번 '카르멘' 공연에 대하여 설명한다.

"카르멘은 뜨거운 오페라입니다. 매우 열정이 요구됩니다. 너무 유명해서 가볍게 볼 수도 있지만, 스코어를 읽다 보면 깊은 열정이 담긴 오페라임을 알 수 있습니다. 비제의 이미지네이션은 경탄스럽습니다. 그가 집시의 생활을 알고 있었던 것은 아니겠지만, 그 음악은 태어날 때부터 집시나 스페인 생활에 익숙해져 있었던 것처럼 느껴집니다.

오페라 연주회 형식의 상연은 시각적인 즐거움은 없지만, 온전히 음악에 집중할 수 있습니다. 다시 말하자면,눈을 감고 씬을 상상하고, 귀로 음악에 집중하는 것입니다. 음악적 견지에서 보면 오페라 무대 상연은 가수들의 움직임 등도 있어 타협을 해야 하고 음악의 친밀한 디테일도 희생됩니다. 아주 잘 알려진 오페라는 가끔 콘서트 형식으로 연주하는 게 좋다고 생각합니다."(인터뷰에서  발췌)

세계적인 주목과 갈채를 받는 정명훈의 카르멘, 도쿄 필에서의 3회 공연이 실현되면서, 어떤 명연이 펼쳐질지 벌써부터 기대가 된다.

[Photo(C)上野隆文]

[공연 정보]
토쿄 필 2월 정기 연주회
정명훈 지휘
오페라 연주회 형식 
비제/가극 카르멘

[일시·회장]
2/19(수) 19:00
토쿄 오페라 시티 콘서트 홀
2/21(금)19:00
산토리 홀
2/23(일·축일)15:00
Bunkamura 오차드 홀

[티켓 문의]
도쿄 필 티켓 서비스 03-5353-9522 (평일 10시~18시/토 일요일 축휴)
https://www.tpo.or.jp/

世界的指揮者チョン・ミョンフン(東京フィル・名誉音楽監督) がオペラ『カルメン』を演奏会形式で指揮 

東京フィルハーモニー交響楽団は2月、世界的指揮者チョン・ミョンフン氏を迎え、フランスの作曲家ビゼーが生んだ傑作オペラ『カルメン』を演奏会形式で3公演、上演する。

古くからオペラでの演奏実績を数多く重ねている東京フィルは、その演奏活動の柱の一つとして、オペラを「演奏会形式」で上演することで高い実績を重ねてきた。今回、2001年以来協働を重ねている世界的指揮者チョン・ミョンフン氏のもと、世界で最も有名なオペラの一つ『カルメン』を演奏会形式で上演する。

チョン・ミョンフン氏は2001年より東京フィルのスペシャル・アーティスティック・アドヴァイザーに就任、2016年9月より同 名誉音楽監督に就任し、ベートーヴェンやマーラーをはじめとする交響曲作品に加え、オペラ作品ではプッチーニ『蝶々夫人』、ベートーヴェン『フィデリオ』等を演奏会形式で取り上げ、どの公演も熱狂的な喝采をいただいてきた。

2020年2月には、同氏がミラノ・スカラ座やウィーン国立歌劇場、フィレンツェ歌劇場、ヴェニス・フェニーチェ歌劇場、パリ・オペラ座バスティーユなど世界の名だたる劇場で繰り広げているオペラレパートリーから、日本で最も愛されている作品の一つ、ビゼーの歌劇『カルメン』を取り上げる。

チョン・ミョンフン氏は語ります。

「『カルメン』は熱いオペラですね。とても情熱が求められる。有名すぎて、軽くみられることもありますが、スコアを読むと、深い情熱が込められたオペラであることが分かります。ビゼーのイマジネーションには驚嘆させられます。彼はジプシーの生活を知っていたわけではないでしょうが、その音楽は生まれた頃からジプシーやスペインの生活に慣れ親しんでいたように感じられます。

オペラの演奏会形式での上演は、視覚的な楽しみはありませんが、完全に音楽に集中することができます。すなわち、目をつむってシーンを想像し、耳で音楽に集中するのです。音楽的な見地からすれば、オペラの舞台上演は、歌手の動きなどもあり、妥協をしなければなりませんし、音楽の親密なディテールも犠牲にされます。とてもよく知られたオペラは、時々コンサート形式で演奏するのが良いと思っています」(インタビューより)

世界から注目と喝采を浴びるチョン・ミョンフンの『カルメン』、東京フィルでの3公演のみ実現する。どのような名演が繰り広げられるか今から楽しみだ。

【公演情報】
東京フィル 2月定期演奏会
チョン・ミョンフン指揮
オペラ演奏会形式 
ビゼー/歌劇『カルメン』

【日時・会場】
2/19(水)19:00
東京オペラシティ コンサートホール
2/21(金)19:00
サントリーホール
2/23(日・祝)15:00
Bunkamura オーチャードホール

【チケット問合せ】
東京フィルチケットサービス 03-5353-9522(平日10時~18時/土日祝休)
https://www.tpo.or.jp/

ToshikiAoyama 기자 (해외) toshikiaoyama@gmail.com

<저작권자 © 라이브엔 무단전재 및 재배포금지>
default_news_ad4
default_side_ad1
default_side_ad2
default_side_ad3
default_setNet2
default_bottom
#top