[J 스타 뷰] 와타리 테츠야 (渡哲也) - 쇼와 시대의 거목을 기리며

기사승인 2020.08.16  10:10:09

공유

[토시키 아오야마] 영화 「무뢰」시리즈, 형사 드라마 「세이부 경찰」 등으로 알려진 쇼와 시대의 대배우, 와타리 테츠야가 지난 8월 10일, 폐렴으로 도쿄도 내 병원에서 사망했다고 소속사인 이시하라 프로모션이 발표했다. 향년 78세.

「세이부 경찰」에서 연기한 역할로 「단장」이라며 사랑받아 고 이시하라 유지로 이후, 이시하라 프로를 계속 지탱해 왔다.

14일에 가족장이 치러졌으며, 상주는 아내 토시코. 고인의 뜻에 따라 작별 모임은 하지 않기로 했다고 하며, 그러자 연예계 등에서 작별 메시지가 잇따라 전해져 왔다.

1966년의 영화 「사랑과 죽음의 기록」에서 첫 공동 출연 이후, 친분이 깊었던 요시나가 사유리(75)가 14일, 추도의 코멘트를 발표했다.

「여름의 바다를 아주 좋아했던 와타리는, 헤엄을 쳐서 (동생) 츠네히코에게 가 버렸을까요. 큰 병을 몇 번이나 이겨낼 수 있었는데 유감입니다. 명복을 빕니다. 요시나가 사유리」

요시나가 사유리(吉永小百合)는 와타리와 2000년 「나가사키 빈둥빈둥절」이후로 영화에 공동 출연하지 않았지만, 2000년까지 3년간 방영되었던 타카라 슈조의 「쇼치쿠바이 (松竹梅)」의 CM으로, 최근에는 16, 18, 19년에 공동 출연하고 있다.

비트 타케시(73)는 15일, TBS계 「 신 정보 7DAYS 뉴스 캐스터」(토요일 오후 10시)에서 「멋지다, 라고 생각했습니다. 고개를 들지 않았어요」 등 와타리를 애도했다.

어느날, 음식점에서 마츠오 유지의 생일을 축하하고 있었을 때, 와타리 일행들이 같은 가게에 들어왔다고 하는 에피소드를 소개하면서 타케시는 「 「오늘, 마츠오의 생일이에요」라고 말하자, 와타리는 「그렇습니까」라고 말하고 돌아갔다. 우리도 돌아갈까 했더니 가게의 아버지가 술값은 전부 와타리씨가 지불해 주었습니다, 라고. 생일 축하라고 쓰여 있는 꽃까지 전해 주었다. 그것을 무심코 해주었습니다」라고 되돌아 보았다.

타케시는 "그를 통하여 연예계에서 배운 것은, 가게에 가서 젊은 연예인이 있으면, 먼저 돈을 지불하고 돌아간다는 것이었으며, 저 자신도 이후로 같은 일을 계속하고 있습니다."고 이야기했다.

60년대 후반, 니카츠에서, 라이벌이었던 배우 다카하시 히데키(76) 역시, 와타리의 부고를 받고 코멘트를 발표했다.

"갑작스런 부보에 무척 놀랐습니다. 나의 머리 속에서는 늘 건강한 그의 모습밖에 떠오르지 않아요 .함께 니카츠 영화 시대의 청춘기를 보낸 동료. 텟츠! 너무 빨라! 수고했습니다! 라는 말 밖에 떠오르지 않습니다. 명복을 빕니다."라고 적었다.

TV 아사히는 10일에 폐렴으로 사망한 배우 와타리 테츠야(향년 78)를 기려 16일 오후 1시 55분부터 「테츠코의 방 특별편도 테츠야 긴급 추도」를 방송한다고 15일 발표했다.

이시하라 유지로와 함께 쇼와 시대의의 대배우였던 와타리 테츠야씨의 명복을 진심으로 빕니다.

映画「無頼」シリーズ、刑事ドラマ「西部警察」、などで知られる昭和の大俳優、渡哲也(わたり・てつや)さんが10日、肺炎のため東京都内病院で死去したことを14日、所属の石原プロモーションが発表した。78歳。

「西部警察」で演じた役柄から「団長」と親しまれ、故・石原裕次郎さんの後、石原プロを支え続けた。

14日に家族葬が営まれた。喪主は妻の俊子(としこ)さん。お別れの会は、故人の遺志により行わないこととなっている。

芸能界などからお別れのメッセージが相次いで出された。

66年の映画「愛と死の記録」で初共演以降、親交が深かった吉永小百合(75)が14日、追悼のコメントを発表した。

「夏の海が大好きだった渡さんは、泳いで泳いで(実弟の)恒彦さんのところに行ってしまったのでしょうか。大きな病気を何度も乗り越えてこられたのに残念です。ご冥福を心からお祈りいたします。吉永小百合」

吉永小百合は、渡さんと00年「長崎ぶらぶら節」以後、映画での共演はなかったが。00年まで3年オンエアされた宝酒造「松竹梅」のCMで、近年は16、18、19年に共演している。

ビートたけし(73)が15日、TBS系「新・情報7DAYS ニュースキャスター」(土曜午後10時)で「かっこいいなあ、と思いました。頭が上がらなかったですね」などと渡さんを悼んだ。

ある時、飲食店で松尾雄治氏の誕生日を祝っていた時、渡さんたちが同じ店に入って来たというエピソードを紹介。たけしは「『今日、松尾の誕生日なんです』と言ったら、渡さんは『そうですか』と言って帰って行った。俺らも帰ろうかとなったら、店のおやじが、飲み代は全部渡さんが払ってくれました、と。誕生日おめでとうって書いてある花まで届けてくれた。それをなにげなくやってくれた」と振り返った。

たけしは「芸能界で教わったことは、お店行って若手の芸人が居たら、先に勘定を払って帰って行く」と、自分も同じことを続けていると話した。

60年代後半、日活で、ライバルだった俳優の高橋英樹(76)は、渡さんの訃報に接しコメントを発表した。

「突然の訃報に、大変驚きました。私の中では、いつも元気な彼の姿しか思い浮かびません。共に日活映画時代の青春期を過ごした仲間。哲! 早すぎるよ! お疲れさま! の言葉しか見当たりません。ご冥福をお祈り致します」とつづった。

テレビ朝日は15日、10日に肺炎のため亡くなった俳優渡哲也さん(享年78)をしのび、16日午後1時55分から「徹子の部屋特別編 渡哲也さん緊急追悼」を放送すると発表した。

石原裕次郎と共に昭和の大俳優だった渡哲也さんのご冥福を心よりお祈りします。

ToshikiAoyama 기자 (해외) toshikiaoyama@gmail.com

<저작권자 © 라이브엔 무단전재 및 재배포금지>
default_news_ad4
default_side_ad1
default_side_ad2
default_side_ad3
default_setNet2
default_bottom
#top