[J Classics] 도쿄 발레단 '미시마 유키오 (三島由紀夫)'의 "M" 11/25-30 전세계 대상 유료 전달 결정

기사승인 2020.11.20  17:14:59

공유

[도쿄 리포터=토시키 아오야마] 지난 10월 24일(토)과 25일(일)에 도쿄 발레단이 상연한 금년 사망 후 50년을 맞이하는 작가 미시마 유키오를 소재로 한 모리스 베자르 안무의 「M」이 세계를 향해서 유료 전달된다.

2020년은 미시마 유키오의 사망 후 50주년이 되는 해로서, 영화 「미시마 유키오 vs 도쿄대학 전공투 50년째의 진실」의 롱런 및 히트도 기억에 새롭고, 코로나화 속에서 제작된 무대 「MISHIMA 2020」에는 지금 설레게 만드는 호화 배우진이 모여, 재차 "미시마 유키오"라고 하는 거성의 빛을 재확인시키고 있다.

금년 상연된 미시마 유키오 관련 작품들 중에서도 예술면에서 평가가 높은 작품은, 도쿄 발레단에 의한 「M」이다. 일본 국내뿐만 아니라, 파리 오페라좌, 밀라노 스칼라좌, 베를린, 독일, 오페라 등, 세계의 저명한 가극장에서 지금까지 상연을 거듭해 극찬을 받아 온 작품이다.

타이틀의 「M」은 미시마의 이니셜이자, 안무가 모리스 베잘의 「M」이며, 미시마 작품을 말하는데 빼놓을 수 없는 "바다"를 나타내는 프랑스어의 「Mer」, 그리고 「죽음=Mort」 등, 복합적인 의미를 담아 붙인 것이라고 베잘은 생전에 말하고 있었다.

그리고 10월 상연의 무대 영상이 급거, 11월 25일의 미시마 유키오의 기일에 맞추어 풀 하이비젼으로 유료 전달되는 것이 결정되었다. 발레 작품으로는 드물게, 우에노 미즈카, 가라모토탄을 비롯해 발레단의 프린시팔(최고위 무용수)이 모두 같은 무대에 선다는, 그야말로 56년의 전통을 자랑하는 도쿄 발레단의 총력을 결집한 볼거리가 있는 무대이다.

전달 티켓 구입은 일본 국내뿐만 아니라 해외에서도 가능하며, 전세계에 전달된다.

본 공연은 작가의 서거 50주년을 기념한 10년만의 공연이라는 점에서 발레계를 넘어 널리 주목 받고 많은 미디어에도 다뤄졌다.

10년만에 캐스트가 새롭게 바뀐 「M」의 무대를, 풀 하이비젼의 선명한 영상으로 선사한다.

미시마 유키오 사망 50주년 기념공연
모리스 베잘 안무 'M'
안무, 연출, 의상 컨셉: 모리스 베자르
마유즈미 토시로, C. 드뷔시, J. 스트라우스 2세, E. 사티, R. 바그너

유료 전달의 자세한 내용
https://www.nbs.or.jp/stages/2020/m/streaming.html

■ 전달기간: 11월 25일(수) 18:00 ~ 11월 30일(월) 23:59
■ 시청권 요금 : ¥3,000 (세금포함)
■ 판매기간 : 11월 17일(화) 10:00 ~ 11월 30일(월) 21:00

시청권 구입은 라쿠텐 티켓이다.
https://ticket.rakuten.co.jp/stage/ballet/RTXN34M/

【내용에 대한 문의】

NBS 티켓 센터 (월-금 10:00~16:00 토,일,공휴)
(일본) 03-3791-8888

10月24日(土)、25日(日)に東京バレエ団が上演した今年没後50年を迎える作家 三島由紀夫を題材にしたモーリス・ベジャール振付の『M』が世界へ向けて有料配信される。

2020年は三島由紀夫の没後50周年に当たる年。映画『三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実』のロングラン・ヒットも記憶に新しく、コロナ禍の中で制作された舞台『MISHIMA2020』には今をときめく豪華俳優陣が集い、改めて”三島由紀夫”という巨星の輝きを再確認させるものだった。

今年上演される三島由紀夫関連作品の中でも芸術面で評価が高いのが、東京バレエ団による『M』。国内のみならず、パリ・オペラ座、ミラノ・スカラ座、ベルリン・ドイツ・オペラなど、世界の著名な歌劇場でこれまでに上演を重ね、絶賛を博してきた作品だ。

タイトルの『M』は三島のイニシャルであり、振付家モーリス・ベジャールの「M」であり、三島作品を語るうえで欠かせない”海”をあらわすフランス語の「Mer」、そして「死=Mort」など、複合的な意味をこめてつけたものだとベジャールは生前語っていた。

10月上演の舞台映像が急遽、11月25日の三島由紀夫の命日にあわせ、フルハイビジョンで有料配信されることが決定した。バレエ作品では珍しく、上野水香、柄本弾をはじめ、バレエ団のプリンシパル(最高位ダンサー)が全員同じステージにたつという、まさに56年の伝統を誇る東京バレエ団の総力を結集した見どころがある舞台。

配信のチケット購入は日本国内のほか海外からも可能で、全世界に向けて配信される。

本公演は、作家の没後50年を記念した10年ぶりの上演ということで、バレエ界を超えて広く注目され多くのメディアにも取り上げられた。

10年ぶりにキャストが一新された「M」の舞台を、フルハイビジョンの鮮明な映像でぜひご覧ください。

三島由紀夫没後50周年記念公演
モーリス・ベジャール振付「M」
振付・演出・衣裳コンセプト:モーリス・ベジャール
音楽:黛 敏郎、C.ドビュッシー、J.シュトラウス二世、E.サティ、R.ワーグナー

配信期間: 11月25日(水) 18:00〜11月30日(月) 23:59
視聴券料金: ¥3,000 (税込)
販売期間: 11月17日(火) 10:00〜11月30日(月) 21:00

【有料配信の詳細はコチラ】
https://www.nbs.or.jp/stages/2020/m/streaming.html

■配信期間: 11月25日(水) 18:00〜11月30日(月) 23:59
■視聴券料金: ¥3,000 (税込)
■販売期間: 11月17日(火) 10:00〜11月30日(月) 21:00

■視聴券の購入はコチラ(楽天チケット)
https://ticket.rakuten.co.jp/stage/ballet/RTXN34M/

【内容についてのお問合せ】

NBSチケットセンター (月-金 10:00~16:00 土日祝・休)
03-3791-8888

ToshikiAoyama 기자 (해외) toshikiaoyama@gmail.com

<저작권자 © 라이브엔 무단전재 및 재배포금지>
default_news_ad4
default_side_ad1
default_side_ad2
default_side_ad3
default_setNet2
default_bottom
#top