[J Classics 리뷰] 미하일 플레트네프 (Mikhail Pletnev) 지휘, 도쿄 필 (TPO) 제928회 정기 연주회

기사승인 2019.11.04  14:42:34

공유

[토시키 아오야마] 도쿄 클래식 음악 씬을 주도하는 도쿄 필하모니 교향악단의 제928회 산토리 정기 시리즈를 산토리 홀에서 감상했다.

지휘는 피아니스트이자 지휘자 및 작곡가로서 다채로운 재능을 가진 미하일 플레트네프.

전반에는 '비제의 교향곡 제1번', 선율과 화합의 해방감이 기분 좋은 연주였다.

후반은 '리스트의 파우스트 교향곡'. 남성 합창과 테너가 포함되는 70분 이상의 블록 버스터로서 괴테의 희곡 『 파우스트 』에 착상을 얻어 작곡됐다.

특별 객원 지휘자 플레트네프는 언뜻 담담한 지휘이면서 마술사 같은 재능으로 도쿄필로부터 미음(美音)이라는 미음(美音)의 모든 것을 끌어내고 있었다. 현은 역동감과 통일성이 넘쳤고 목관은 감미롭고 가벼웠으며 금관은 웅변으로 빛나는 음색을 연주하고 있었다.

제3악장 "메피스토페레스"(Mephistopheles)에서는 테너 'Ilker Arcayürek'은 몇분 정도의 짧은 출연이면서도 가볍고 달콤한 미성을 피로하여 장내를 황홀하게 만들면서 뛰어난 존재감을 과시했다.

러시아의 명장 미하일 플레트네프는 2020년 3월에 스메타나의 "우리 조국"을 도쿄 필 정기 연주회에서 지휘할 예정이다. 플레트네프가 《우리 조국》 전곡을 지휘하는 것은 처음이기 때문에 명연이 기대된다.

Photo:©︎上野隆文/提供=東京フィルハーモニー交響楽団

The 928th Subscription Concert in Suntory Hall

October 21, 2019, Mon 19:00 start

Conductor: Mikhail Pletnev
Tenor: Ilker Arcayürek
Male chorus: New National Theatre Chorus
(chorusmaster: Kyohei Tomihira)

Program
Bizet:Symphony No.1
List: A Faust Symphony

Presented by Tokyo Philharmonic Orchestra
Subsidized by the Agency for Cultural Affairs Government of Japan, Japan Arts Council Affinis Arts Foundation

東京の音楽シーンをリードする東京フィルハーモニー交響楽団の第928回サントリー定期シリーズをサントリーホールで聴いた。

指揮は、ピアニスト・指揮者・作曲家として多彩な才能を持つミハイル・プレトニョフ。
前半のビゼーの交響曲第一番では、旋律やハーモニーの解放感が心地良い演奏。

後半は、リストのファウスト交響曲。男性合唱とテノールが入る70分以上の超大作でゲーテの戯曲『ファウスト』に着想を得て作曲された。

特別客演指揮者のプレトニョフは、一見淡々とした指揮ぶりながら、魔術師のような才能で東京フィルから美音という美音のすべてを引き出していた。弦は躍動感と統一性に溢れ、木管は甘美で軽やか、金管は雄弁で光り輝く音色を奏でていた。

第3楽章「メフィストフェレス」(Mephistopheles)では、テノールのイルカー・アルカユーリックは数分ほどの短い出演ながら、軽やかで甘い美声を披露し、場内をうっとりさせ、抜群の存在感を示していた。

ロシアの名匠ミハイル・プレトニョフは、2020年3月にスメタナの《わが祖国》を東フィル定期で指揮する。プレトニョフが《わが祖国》全曲を指揮するのは初めての事となり、名演が期待される。

ToshikiAoyama 기자 (해외) toshikiaoyama@gmail.com

<저작권자 © 라이브엔 무단전재 및 재배포금지>
default_news_ad4
default_side_ad1
default_side_ad2
default_side_ad3
default_setNet2
default_bottom
#top